FXはじめの一歩

外貨預金とはなにが違うの?

「外貨預金とFXとの比較」

外貨預金をされてる方も結構いらっしゃるのではないかと思いますけども

実はこの外貨預金、FXを通してやることによって

同じことが非常に安い手数料でできるということがあります。

実際見ていきますと

外貨預金で80円でドルを買った場合

1万通貨分買うと80万円するのですが、

仮に90円まで上昇した場合、

例えば外貨預金大手のところの往復手数料で2円。安いところですと50銭。

だいたいその間をとって1円の手数料と考えてみますと

1万通貨分の1円ですから

「1万通貨、1円、1万円」何度も唱えていただいたんではないかと思いますけども、

とにかく「1万通貨、1円、1万円」をこれを頭に押さえてほしいのですけども、

その関係で手数料が1円分あるということは1万円。

なので80円でドルを買って、これが仮に10円上昇してくれた場合、

10万円から1万通貨ですから10円動くと、

10万円のプラスなんですけども、

そこから1万円の手数料を引いて9万円の儲けになります。

FXで80円でドルを買った場合

これをFXで同じことをやったらどうなるかと言うと、

値幅は同じ10万円、10円分ですから10万円の利益は出るんですけども、

それに対する手数料が、例えば最近ですと非常にスプレッドが狭くなって0.4銭ほどです。

そうすると1万通貨の0.4銭分というと1銭が百円ですから

その10分の4倍ですから、4割、40円ということになります。

なので全く同じ取引をしたとしても99,960円のプラスになるということで

外貨預金と比べるとさらに9,960円分の大きなプラスとなります。

これがまだ少ない枚数だと良いですが、

これが例えば先ほどの100倍の百万通貨とかになると

外貨預金の場合1千万円の利益に対して手数料が百万円、儲けは900万円。

FXだと、0.4銭のスプレッドで百倍ですと4,000円、

ですから儲けは999万6千円。

ということで99万6千円分も変わってきます。

ということでちょっとした手数料の差でも

投資額が大きくなればなるほど

非常に大きな差になっていきますので、

同じ外貨預金するにしてもFXは非常に有効です。

そしてさらに「レバレッジ」というものを活用できますので、

1万通貨分、80万円を買おうとしても、

レバレッジが25倍だと、実は約3万4千円、

それぐらいの資金があれば1万通貨分の取引ができるというとことで拘束される資金の量も減ります。

このように非常にメリットが多く、

縛られる資金が少なく、大きな取引がしやすい。

手数料も非常に安くて自分の資金からさらに大きな資金を運用していける。

ということで、しっかりと自分自身資金管理ができるようになれば

これは強い武器になりますので、ぜひFXは外貨預金よりも

非常にお得だということを頭の片隅に置いておかれてください。