FXはじめの一歩

事前に把握しておきたい、リスクと回避策。※

「FXのリスク」

もちろんFXは投資ですので必ずリスクはあります。

そもそも人間活動、人生生きて上で

リスクが無いものは基本的には無いと思いますが、

投資はダイレクトに金額(経済)という部分にリスクが働いてきますので、

ここは重要視していく必要があるかと思います。

FXにおけるリスクとは何かと言いますと

戦争や介入

戦争が起きたり、2011年何度もニュースになったと思いますが

介入されることによって大きく値が変動するこがあります。

普通はドル円でも1日1円程度しか動かないですが、介入などがありますと

しかも日本時間とか早い時間に一気に3円近く上げて来たり、

そういったことが起きてきます。

そういったリスクを防ぐためには損切を置いておけば良いということになります。

損切注文、それを置いていないと

そういった何か事件など発生した時に値が飛んで行ってしまい、

急激に動いて気づいたら資金が全部なくなっていたり

そういうことも往々にしてありますので注意しておいてください。

また、すぐに気付いたとしても

一気に上昇したり、下落したりしますのでそれで注文が刺さりにくかったり、

もしくは「もうちょっとここまで落ちたからもう少ししたら戻すだろう」とか

そういった変な期待が入ってどんどん損失を膨らませてしまう一か八かのトレード

「ここで戻ってくれれば助かるしまたそこに賭けて頑張ってみよう」

と一か八かのトレードをする人も出てくるのですが、

そうすると大抵×の方に当たることになります。

取引業者の破綻

最近はほとんど聞かれなくなりましたが

もちろん業者の破綻リスクなどもありますから

そういったことは注意して見てください。

取引業者のシステムダウン

急にログインできなくなったり、そういったことも考えられますので

それがあまりにも頻繁に起こる場合には

すぐ他に移動できるようにいくつか口座を開いておかれると良いと思います。

システムダウンしてしまったとしても

例えばドル円で買で持っていて、何か事件が起きてどんどん下落していって損失が

膨らんで行ってる場合に、システムがダウンしているとログインできないので

損切が出来ないということが出てきます。

損切注文入れていれば良いのですが、

入れていなかった場合にはリスクはどんどん大きくなる可能性がありますので

そういう時用に他の証券会社で反対売買、ドル円買っていた場合売って、

実質損切した場合と同じように持っていくこともできますので

複数証券会社を持つことでこれはカバーできることになります。

パソコンの故障

もちろんパソコンの故障リスクもあります。

僕自身注文できるパソコンは5台以上置いてあり、

常にまわりにデスクトップ含めて4台の

パソコンが置いてあります。

注文のミス

これはデモで十分に練習することで防ぐことができますので、

とにかく最初はデモトレードをやってください。

何度も繰り返し言いますが、勝てると

確信を持った段階で初めてリアルトレードに移行していきましょう。

リアルトレードでやることは一つ。

デモ通りに同じように売買ができるかどうか。

リアルトレードは自分自身の実際資金が動きますので感情もそれに合わせて

振らされたりもします。

それが無い様に行うのが、リアルトレードで唯一チェックすべきことであり、

そこで実際の売買ルールを構築するのは、デモトレードでやっていくことになります。