FXはじめの一歩

FXの基礎用語その4※

「トレンド」とは

トレンド、これは一般的には流行などそういった意味で使われることが多いと思いますが、

FX、投資におけるトレンドとはどういったものを指すかと言いますと

「今のトレンドは下落だよね」とか

「今のトレンドは、安値が切りあがっているので上昇だよね」

といった形でオシャレとは全く関係無いですが、

今の流行は「下落なのか」「上昇なのか」そういった言い方で

下に下がっているのを「下落トレンド」

上に上がっているのを「上昇トレンド」

という言い方をします。

これは株でも金でも原油でも色々な取引でも出てくる言葉ですが、

それらと比べてFX何が違うのかと言いますと

FXは2国間の通貨の強弱を表していますので、

国同士の差ですので、一回差が付くとなかなか変わらない、

つまり一回そのトレンドが出るとなかなかそれが変わらない特徴があります。

これは月足ですが

2002年~2004年までずっと落ちています、約2年。

2004年後半から2007年夏あたりまで4年弱上げ続け、

そこから2012年1月まで下落しています

この段階で5年近く落ちている計算になります。

2012年後半からは2015年5月現在まで約3年上昇しています。

為替はこういったトレンドが出るとなかなかそれが変わらない傾向があります。

そういった流れを掴むことができればその方向に見合った取引をしていくことができます。

またそのトレンドを読むことによって

これから円安方向に行きそうだなと分かってくれば

先に海外の不動産を買う人がいれば不動産を買ったり、

海外の色々なものを買ったり、もしくは海外旅行をしたり、

そういったことをやっていくわけです。

ちなみに世界で一番お金が動いてるビジネスモデルは

実は、金融とかではなく実際は旅行だったりします。

そういう観光やツアー会社だったり・・・

円高のうちに旅行だとかをやっておこうかな、

外貨を今のうちに変えておこうかな、

などそういったことを予想できるようになってきますので、

FXを知っておくと取引以外でもその知識が有効活用できるようになってきます。

そういった意味で人生もしくは世界のトレンドを

しっかり読んで行けるような自分自身になって行けるようにいろんなことを勉強して、

FXだけではなく自分自身の人間としてのレベルを上げていくイメージで聞いていただけたらと思います。