ミリアカ・デイリーレポート

3月24日 ミリアカデイリーレポート ドル円

左:日足、右:4時間足の概況です。

0324d4

昨日のドル円は、112円台半ばで小幅にもみあう展開となりました。
海外は週末から3連休(または4連休)となる国も多く、また材料に乏しいことから市場参加者も少ない印象です。
特段材料が無ければ、本日も同様の展開が考えられます。

<日足>
ここ数日間、20MAはほぼ水平での推移となっており、日足レベルではトレンドが発生していない状況です。
昨日は十字線に近い足でしたが、今週に入り陰線は出現しておらず、ドル円は堅調な展開です。
この後113円付近に位置する20MAを上抜けてこられるかどうかに注目です。

<4時間足>
20MAは上向きでの推移となっており、上昇トレンドが形成中です。
+2σでのバンドウォークが形成され堅調に上昇していましたが、113円台を目前に失速し、10MAまで押し返されています。
この水準がサポートとなることが確認されれば、ロングエントリーを狙いたい状況です。

 

 
ドル円、1時間足の概況です。

03241

今週に入りドル円は小幅推移ながら比較的堅調な推移を続けており、徐々に高値を切り上げてきました。
昨日は112円台半ばでの推移となり、一時113円に迫る場面もありましたが、いったん112円台半ばまで押し返されています。
テクニカル的には、20MAはゆるやかに上昇から水平に転じており、短期的には上昇トレンドがはっきりしない状況となりつつあります。
昨日は122.70をブレイク後はバンドウォークに発展しかけましたが、勢いが継続せず反落しています。
10MA、20MA共に下抜けており、トレンドの転換には注意したいところです。

本日の注目経済指標:新規失業保険申請件数・耐久財受注(21:30)

コメントを残す