ミリアカ・デイリーレポート

1月25日 ミリアカデイリーレポート ドル円

0125 4時間足

ドル円、左:日足、右:4時間足、の概況です。

昨日のドル円は反発し、三日ぶりの陽線となりました。113.50付近のレジスタンスは上抜け、113円台後半の水準を回復しています。短期的には112.50でWボトムを付けたか形のチャート形成となっています。

<日足>

20MAは下向きでの推移となっており、下落トレンドが形成されています。昨日の反発でレートは10MAに接近しています。本日以降も引き続き、10MAでのレジスタンスが確認されれば、ルール2でのショートエントリーを狙いたい状況です。

<4時間足>

20MAは下向きでの推移が継続しており、下落トレンドが形成されています。直近のレートは20MA付近に戻しています。ボリンジャーバンドはスクイーズしており、トレンドが膠着した状態となっています。本日は、20MAでのレジスタンスが確認されれば、ルール1でのショートエントリーを狙いたい状況です。

0125 1時間足

ドル円、1時間足の概況です。

昨日のドル円は、東京時間に112.50のサポートを試しに行きましたが、下抜けせずに反発し、その後は堅調な展開が続きました。東京時間で113円台を回復、その後ロンドン時間に反落する場面があったものの、NY時間後半では買いが優勢となり、113円台後半の水準を回復しました。113.50のレジスタンスはNY時間に上抜けてきています。
テクニカル的には、20MAは上向きでの推移となっており、短期的には上昇トレンドが形成されています。昨日は20MAを下抜ける場面がありましたが、下髭示現でトレンド継続となりました。本日は、10MAでのサポートが確認されれば、ルール2でのロングエントリーを狙いたい状況です。

本日の注目経済指標:発表予定なし

コメントを残す